%
menu menu
menu
NEWS NEWS
ワールドセーリングトラスト

8月 31,2019

ワールドセーリングトラストが実施するセーリングにおける女性に関する調査が数千もの反響を呼びました

ワールドセーリングトラストが戦略的に実施・評価しているセーリングにおける女性の参画に関する調査は、これまで4,000を超える多くの反響を呼びました。この調査は、セーリングにおける女性・女児の経験に関する理解を深めることを目的としています。レースコースだけでなく、コーチや審判からヨットクラブのリーダーシップチームに至るまで、セーリングの根本において女性がどのように関与しているかについて、アマチュアとプロのセーラー両方について調査したものです。
この調査の分析結果はセーリング界に一連の提案と新しい試みをもたらし、セーリングにおけるジェンダーダイバーシティを向上させるとともに、男女間のより平等な機会を構築することを可能とするでしょう。鍵は、男女平等はスポーツ界全体において重要視されているということです。
「我々が示さなければならない結果はとても興味深いものであるとともに、コメントの中には読んでいて身につまされるような思いがするものもありました。しかし、明らかなのは、スポーツへの大きな愛と、ジェンダーダイバーシティの問題を改善したいという強い願望が一貫して存在しているということです。一連の過程のなかで、他のスポーツといくつかの興味深い議論を行うこともできており、その結果何が上手くいっていて、何が上手くいっていないかについて理解することができるようになりました。」
「世界中の代表を集め、全ての人に参画してもらうことを私たちは強く願っています。これにより、スポーツ全体の傾向を分析し、より一層の支援や指南が必要な分野も含め、ベストな方法を明らかにすることができるでしょう」と、セーリングにおける女性に関する戦略的批評のプロジェクトリーダー、ビクトリア・ロウ氏はコメントしています。
この戦略的批評に関する最初の研究成果は、バミューダで開かれる2019年の年次会議において発表される予定です。
詳細については、11月のヨットレーシングフォーラムにおいてセーリング、マリンコミュニティ幅広くにお知らせします。

この調査は下記リンクより五か国語(英語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、日本語)に対応しています。

bit.ly/セーリングの女性

Copyright © SAILING’S WORLD CUP Series Enoshima ALL RIGHTS RESERVED.