%
menu menu
menu
ルール紹介
RULE
rule

オリンピック種目のセーリング競技とは?

セーリング競技は近代オリンピックの第1回アテネ大会から正式種目に採用されている、歴史あるスポーツです。

1人または2人乗りのディンギー(小型ヨット)で、海上に設置されたコースを回りフィニッシュ順位を競う競技です。セール(帆)の表面を流れる風によって生まれる揚力を推進力に変え、刻々と変化する風や波の状況をとらえながら、水上を滑走するスピードやテクニックを競います。

複数艇が一斉にスタートするので、他艇との位置関係やコース取りなどの戦略・戦術も重要です。またスピードを最大限に引き出すためのレース艇のセッティングも、勝敗を左右するカギとなります。

競技会は通常、オープニンシリーズ(予選)とメダルレース(決勝)で構成され、オープニングシリーズの上位艇がメダルレースへと進出。各レースの着順を点数化し、総合得点で順位が決定します。セーリング競技はフィニッシュの着順が早いほど点数が少ない、低得点方式を採用しています。

競技の特性

レースはスタート5分前のカウントダウンから始まります。スタートラインは本部船と運営船が掲げる旗の間の見通し線です。実際には見えないスタートライン上の良いポジションからトップスピードでスタートが切れるよう、位置取りや加速のタイミングなどを調整します。

レース艇は風上に向かってまっすぐ進むことができないため、レースコースをジグザグに走りながら決められたマークを回ります。スタートがうまくいくとその後のレース展開が有利になりますが、風のシフト(風軸がずれること)を読み間違えたり、マーク回航で混戦に巻き込まれたりすると、順位が大きく変動することもあります。選手には体力やテクニックだけでなく、先を読む判断力や好機をうかがう忍耐力も求められます。

レースコース

レースコースは通常、オープニングシリーズが1レース約40分、メダルレースが1レース約20分で終了するようにセッティングされます。競技種目や天候によってコースが変わる可能性があります。

rule img
rule img
rule img

国際信号旗

セーリング競技では、遠くから見ても分かるように国際信号旗を使ってさまざまな合図を送ります。

スタートの手順

0

出艇許可:D旗掲揚

D旗の掲揚を合図にレース艇がハーバーから出艇します。複数クラスが集まる大会では「クラス旗」「D旗」がセットで掲揚されます。

rule

D旗

1

スタート5分前:予告信号掲揚

スタート時刻の5分前に「クラス旗」(表示は470級の場合)が掲揚されます。

rule

クラス旗

2

スタート4分前:準備信号掲揚

スタート時刻の4分前に、「P旗」「U旗」「黒色旗」のいずれかが掲揚されます。

rule

P旗

rule

U旗

rule

黒色旗

3

スタート1分前:準備信号降下

スタート1分前に、準備信号で掲揚された旗が降下されます。

4

スタート:予告信号降下

スタート時刻に「クラス旗」が降下されます。

5

フライングした艇があった場合

スタートラインを早く横切ってフライングした艇があった場合、運営艇に「X旗」が掲揚されます。セーリング競技のフライングを「リコール」と呼びます。フライングした艇(リコール艇)は、準備信号に応じて、以下のペナルティが課されます。

X旗

X旗

P旗の場合

P旗の場合

再度スタートラインの内側に戻らなければならない

U旗の場合

U旗の場合

失格となる※ゼネラルリコールの場合、再スタートには参加できる

黒色旗の場合

黒色旗の場合

失格となる※ゼネラルリコールの場合、再スタートに参加不可(運営艇に失格艇のセールナンバーが掲示される)

6

ゼネラルリコール:「第1代表旗」掲揚

多数のレース艇がリコールとなった場合、ゼネラルリコールとなり、
運営艇に「第1代表旗」が掲揚されます。この場合、スタートがやり直しされます。

rule

第一代表旗

セーリング競技でよく使用されるその他の国際信号旗

AP旗

AP旗

延期信号

AP旗 + A旗

AP旗 + A旗

本日のレースは行われない

AP旗 + H旗

AP旗 + H旗

ハーバーに戻れ
「AP旗」は「回答旗」とも呼ばれます。

気象海象の変化などによりスタートが予定通り実施できない場合は、運営艇または陸上で「AP旗」が掲揚されます。また、最初のレースが終わり、引き続いてレースが行われる場合、運営艇に「AP旗」が掲揚されます。「AP旗」が降下されると、その1分後に予告信号である「クラス旗」が掲揚されます。
N旗

N旗

中止信号

スタート後にレースが途中で中止される場合は「N旗」が運営艇に掲揚されます。風が著しく変化し順位が大幅に変わった場合や、風が無くなり帆走できなくなった場合に使用されます。

S旗

S旗

コース短縮信号

コースを短縮する場合は「S旗」が運営艇に掲揚されます。スタート後に風が弱くなり、タイムリミット内にフィニッシュが困難な場合に使用されます。

C旗

C旗

マーク移動信号

スタート後に風が変わってマークを移動して新しいコースを設定する場合は「C旗」が運営艇に掲揚され、変更したマークの方位(度数)が表示されます。

Copyright © SAILING’S WORLD CUP Series Enoshima ALL RIGHTS RESERVED.